ご所有の不動産をご売却するなら、焦りは失敗のもとであり禁物です。不動産の売却についての知識を身に着けさえすれば落ち着いて進められます。一通りの手続きをスムーズに終えられるよう、こちらでは、さいたま市・越谷市・草加市・三郷市で不動産売却・買取・リースバックを手がける「TSマネジメント株式会社」がご売却で押さえておきたいポイントや費用について解説いたします。

安心・安全・まごころをモットーに

ご売却の不動産について

              TSマネジメント株式会

  • キラキラ 3

    中古戸建

    お住まいの場合でも住みながらの売却も可能です。住宅ローンの残債が残っている場合もご相談ください。

  • OKアイコン

    土地・空き地

    相続等で貰い受けた土地や空き地のご売却のご相談や有効活用方法もアドバイスさせていただきます。

  • 喜怒哀楽 うれしい

    マンション

    住みながらの売却も可能です。内装が痛んでいたり不要な家具家電の処分の相談もお気軽にお問合せ下さい。

特に中古住宅や土地・空き地、マンションを放置していると管理費がかかってしまいますが、売却すれば現金化できます。活用方法がないならば売却を検討してみませんか?

今回は、

①土地・中古住宅・マンションの売却方法

②注意点・基礎知識

③かかる費用

④費用と税金を抑える対策

についても併せて詳しく解説します。

                                             ①ご売却の方法

【1】そのまま売却する

家を解体せずに「中古住宅」、もしくは「古家(ふるや)付き土地」として売却する方法です。明確な決まりがあるわけではありませんが、建物の価値が大きく変わる築20年を目安として、築20年以内なら「中古住宅」、築20年以上が経過しているのなら「古家付き土地」として販売するのがよいでしょう。 中古住宅は、面積や立地などが同条件の新築住宅と比較すると安く手に入れられるため、家の購入費用を抑えたい人からのニーズがあります。加えてその価格の安さにより、ライフスタイルや働き方に合わせて、自分好みの間取りや内装にリフォームしたい人からのニーズも期待できるでしょう。また、古家付き土地の場合は、解体費用がかからない、固定資産税を抑えたまま売却活動ができるなどのメリットがあり、売却にかかる費用を減らすことができます。


美容室2

【2】更地にして売却する


空き家を解体して更地にしてから売却する方法があります。更地にするメリットは古家付き土地として売却するより早く買い手が付く可能性が高い点にあります。なぜなら、更地として売却するケースでは、購入後に買主が解体費用を負担する必要がないためです。 更地にして売却する方法は、建物の老朽化が進んでいて、倒壊の恐れがある場合や、リフォームやリノベーションに多額の費用がかかる場合におすすめです。解体費用は発生するものの、解体費用を売却価格に上乗せできる場合があります。 また、更地にすると建物付きの場合と比較して、土地にかかる固定資産税や都市計画税が高額になります。建物がある場合の土地の固定資産税や都市計画税は令和3年度まで減税措置の対象ですが、建物を解体してしまうと減税措置の対象でなくなってしまうため、固定資産税は3~6倍、都市計画税は3倍に上がります。


美容室2

【3】買取を依頼する

空き家を不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。 買取は、とにかく早く売りたい方におすすめです。一般的な仲介を通して不動産売却を行う場合、買い手が決まるまでに数か月から半年程度かかるケースがあります。立地や築年数などの条件がよくないと、売却活動が長引いてしまう場合もあります。 しかし、買取なら最短1週間で売買契約ができ、1か月で残代金の決済までを完了できます。ただし、売却価格は市場の相場より安くなってしまうのが注意点です。リフォーム代を差し引いた価格で買い取られるため、相場の約6~8割程度の価格になるでしょう


from DB

                                       ②注意点・基礎知識

     中古住宅売却の注意点   売却のための基礎知識

                 【注意点】

①物件価値が下がる

特に居住者不在の状態が続く空き家は、たちまち劣化が進んでいきます。 痛みきってしまった空き家は物件価値が著しく下がります。


②維持に必要な税金や管理費

毎年かかる固定資産税などの税金に加えて、経年により外壁が剥がれたり、天井から雨漏りが発生したりと、修繕維持費用として数十万円かかってくる場合があります。


③放火や倒壊のリスク

空き家を放置すると、内部の腐食によって倒壊のリスクが高まったり、人の手が入っていない空き家は放火や不法侵入などの犯罪ターゲットにされる可能性があります。


土地|中古住宅|マンションを

売るための基礎知識

家を売るときにまず気になるのは、いくらで売却できるかということではないでしょうか?不動産売却では、まず不動産会社の査定を受けるのが一般的です。査定とは、その家の状態を調べていくらで売れそうか価格を算出することをいいます。査定で見られる主なポイントは次の通りです。

(1)築年数

中古住宅の売却では築年数が大きなポイントになります。建物は築年数が増すほど価値が下がっていくのが一般的で、価値が下がった中古住宅は高値で売却しにくい傾向があるからです。 ただし、2022年度の税制改正により、これまで木造一戸建ては築20年を超えると「住宅ローン減税」の対象外となっていましたが、1982年1月1日以後に建築された建物であれば築年数の要件が廃止されました。住宅ローン減税とは、住宅ローン控除とも呼ばれ、住宅ローンの借り入れを行って住宅を購入する際に要件を満たしていると一定の額が控除される制度です。 住宅ローン減税の対象となる物件が増え、中古住宅の購入への負担が減ったことに伴って、売却する側にとっても大きな期待がかかっています。

(2)建物・設備・間取り

住まいの外壁や屋根などの外装部分の劣化状況、壁や床などの内装、水回りや配管などの設備の劣化状況も査定で見られるポイントです。また、雨漏りやシロアリ被害などの瑕疵(かし)があるかどうかでも査定時の評価が変わってきます。生活動線、家事動線がシンプルで、暮らしやすい間取りであるかどうかも重要なポイントとなります。

(3)土地の状況

日当たりや眺望も査定結果に影響します。南向きで日当たりがよい、周囲に高い建物がなく眺望がよいなどの条件はプラスの評価につながります。面している道路の幅員や、道路の状況、道路の高低差も評価にかかわる要素となります。道路の高低差は、排水勾配を確保しやすいため0.5~1m高い状態が理想で、低い場合は評価が低くなる傾向があります。 また、土地の広さや形もポイントの1つです。広い土地の場合、マンション用地に適した土地であれば単価が高くなり、分譲一戸建てに適した土地であれば単価は低くなる傾向にあります。土地の形状においては、間口が広い長方形のような整った形が好評価につながります。反対に、間口が狭く奥に細長い形であったり、いびつな形であったりすると高い評価は期待できません。 なお、市街化調整区域内の物件を売却する場合は、そうした物件の売買実績がある不動産会社に相談することをおすすめします。市街化調整区域とは、田畑を守るために開発が規制された区域のことで、中古住宅の再建築や増築なども制限がかかる場合があるので、売却しにくいといわれています。 市街化調整区域内の物件をはじめとして、一般的に売却の難易度が高いとされる不動産を売りたい人は、その条件での売買実績が豊富な不動産会社に相談してみましょう。

(4)立地・環境

生活利便性が高い立地は売却に有利になる傾向があります。駅からの距離や都心へのアクセスのよさ、近くにスーパーやコンビニなどの商業施設があるかどうかは、暮らしやすさにもつながるため、査定結果にも影響するということです。 また、単身者層やファミリー層など、住む人によって重視されるポイントは異なります。たとえば、ファミリー層の多い地域であれば、周辺に評判のよい学校や病院、公園があると需要が高まるため、評価が上がる傾向があります。

土地を売却する際に

注意するポイント

土地を売却したいけれど「何から始めて良いかわからない」、「売却時の費用はいくらかかるの」、「実際の土地相場がわからない」、「土地に建物(古家)が残っているけど売却できるの」、「土地を駐車場など賃貸しているけど売却できるの」等、 土地を売却する際の疑問や不明点を、売却の流れに沿ってまとめました。  まずは現況を把握し権利証または登記識別情報通知書が手元にあるか確認するなど、土地の売却前の準備から、売却後の引き渡しまでの注意点やよくある質問等、ポイントを理解して知識を深め、不安を減らしスムーズな土地売却を目指しましょう。


            【現状把握】

・権利証又は登記識別情報通知書の確認

・土地取得時の書類の確認

・不動産登記内容の確認

・不動産登記内容(表題部)の確認

・不動産登記内容(権利部)の確認

・不動産登記内容(建物)の確認


【隣地や道路との境界の   確認、復元】

土地を売却する際には、売主様に境界の明示義務があります。 まず、売却活動に入る前に「確定測量図」を保有しているかどうかを確認して下さい。 確定測量図とは売買対象の土地とすべての隣接地との境界について隣地所有者の立会いのもとに境界確認を行い、作成された測量図です。 確定測量図があれば、すべての境界が確定していることになります。 次に、隣地との境界に境界標があるかどうか確認しましょう。境界標がない場合には、測量を行い、隣地立会いの下、境界標を復元する必要があるケースもあります。 同様に、前面道路との境界に境界標があるかどうかも確認します。境界標がない場合には、測量を行い、境界標を復元したほうが望ましいですが、道路が公道の場合、境界を明確にさせるためには管轄役所の担当者立ち会いのもとで測量(官民査定)をする必要があります。管轄役所の都合に合わせて平日関係者立会いの下行わなければならないため、費用や時間がかかり、売買の際には省略するケースもあります。


【使用承諾の取得】※私道の場合

セットバック】※前面道路幅員4m又は6mに満たない道路の場合はセットバックの可能性があります。役所調査で確認ができます。

【道路の種類と接道義務】※建築基準法の道路種別により土地の評価が変わる場合がございます。


などなど打数の確認・調査が必要となります。




マンション売却で

失敗しないためには

マンション売却で失敗しないためには、事前に不動産売却に関する知識を深めておくことが大切です。 この記事ではマンション売却の注意点とポイントについて、分かりやすく解説します。


1. 適切な価格設定

市場調査: 近隣の類似物件の売却価格を調べ、市場の相場を理解します。

査定依頼: 複数の不動産業者に査定を依頼し、適正な価格を把握します。

価格の見直し: 売却期間が長引く場合は価格を見直し、適宜調整します。


2. 信頼できる不動産業者の選定

実績確認: 実績が豊富で評判の良い業者を選びます。

複数の業者と比較: 複数の業者から見積もりや提案を受け、比較検討します。

担当者の対応: 担当者の対応が誠実で、質問に対して適切に回答してくれるかを確認します。


3. 物件の魅力を最大化

清掃と整理整頓: 内見前に物件を清掃し、整理整頓を心掛けます。

小修繕: 小さな修繕が必要な箇所は修理しておきます。

ホームステージング: プロのホームステージングサービスを利用して、物件の魅力を引き出す方法もあります。


4. 法的手続きの確認

必要書類の準備: 登記簿謄本、固定資産税の納税証明書など、必要な書類を準備します。

契約内容の確認: 売買契約書の内容をよく確認し、理解してから署名します。


5. 購入希望者との交渉

柔軟な対応: 購入希望者からの条件提示に対して柔軟に対応し、交渉を円滑に進めます。

交渉戦略: 必要に応じて価格交渉や引き渡し時期の調整を行います。


6. 税金・費用の理解

譲渡所得税: 売却益にかかる税金を理解し、税理士に相談することを検討します。

仲介手数料: 不動産業者への仲介手数料やその他の諸費用について把握します。


7. スケジュールの管理

売却計画の立案: 物件の売却をスムーズに進めるために、計画を立てます。

引き渡し準備: 売却が決まった場合に備えて、引き渡しの準備を進めます。


これらのポイントを抑えることで、マンションの売却プロセスがスムーズになり、失敗を避けることができます。不明点があれば、専門家に相談することも重要です。

                                                        ③かかる費用

【不動産の売却にかかる費用と税金】

不動産を売却するときにいくらかかるのかは、売却を検討するうえで気になることの1つですよね。不動産の売却にかかる費用と税金は次の通りです。

TSマネジメント株式会社

安心・安全・まごころをモットーに

  • 仲介手数料

    仲介手数料は、不動産会社に空き家の売却を依頼し、売却が成立した際に不動産会社に支払う成果報酬です。上限金額については、宅地建物取引業法で定められています。不動産会社によっては仲介手数料の上限より安いケースもありますが、ほとんどの場合は上限通りの金額が請求されます。

  • 解体費用

    空き家を解体し更地にしてから売却する場合、解体工事の費用がかかります。一戸建てに多い木造建築の場合は、1坪当たり4~5万円程度が相場です。解体費用は、主に建物の種類によって決まりますが、立地条件や老朽化の度合い、業者によっても異なります。まずは、複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討して選ぶとよいでしょう。

  • 譲渡所得にかかる税金

    土地や、一戸建て・マンションなどの不動産を売却した際に発生する利益を「譲渡所得」といいます。この譲渡所得には、金額に応じて所得税や住民税などの税金が課せられることになっており、これらは総称して「譲渡所得税」や「不動産譲渡税」と呼ばれることもあります。

  • 相続登記費用

    相続した空き家を売却するには、相続登記が必要です。相続登記とは、法務局に申請して不動産の名義変更を行うことです。相続登記を行うことで、初めて自分の不動産として扱えるようになります。相続登記を行う過程では、申請書類の取得費、登録免許税、司法書士への依頼費用がかかります。

  • 印紙税

    印紙税とは、不動産売買契約書を含む課税文書を作成する際に課せられる国税です。空き家を売却する価格に応じて税額が定められています。2024年3月31日までの間に作成された契約書は、租税特別措置法による軽減措置の対象となります。

                        ご売却時における税金のご案内

土地や建物を譲渡(売却)

したときの税金 

譲渡所得税について

譲渡所得とは、一般的に、土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することによって生ずる所得をいいます。 ただし、事業用の商品などの棚卸資産や山林などの譲渡による所得は、譲渡所得にはなりません。マンションや一戸建て、土地などの不動産を売却して生じた所得を譲渡所得といいます。譲渡所得がプラスとなった(利益が出た)場合、譲渡所得税と呼ばれることもある所得税と住民税がかかりますが、売却した不動産を所有していた期間によって税率は変わります。


所得の計算方法(土地や建物を譲渡したとき)

収入金額 - ( 取得費 + 譲渡費用) - 特別控除額 = 課税譲渡所得金額


(1)収入金額 譲渡所得の収入金額は、通常、土地や建物の譲渡の対価として買主から受け取る金銭の額です。 なお、譲渡代金のほかに、譲渡から年末までの期間に対応する固定資産税および都市計画税(未経過固定資産税等)に相当する額の支払を受けた場合には、その額は譲渡価額に算入されます。 また、金銭の代わりに物や権利などを受け取った場合も、その物や権利などの時価が収入金額になります。 おって、資産を譲り渡すことによって、その他経済的な利益を受けた場合は、その経済的な利益も収入金額に含まれます。


(2)特別控除額 土地や建物を譲渡した場合の特別控除額は次のようになっています(特別控除は一定の要件を満たす場合に適用されます)。

(イ) 収用等により土地建物を譲渡した場合 ・・・ 5,000万円

(ロ) マイホーム(居住用財産)を譲渡した場合 ・・・ 3,000万円 (被相続人の居住用財産(空き家)を譲渡した場合・・・ 3,000万円)

(ハ) 特定土地区画整理事業等のために土地等を譲渡した場合 ・・・ 2,000万円

(ニ) 特定住宅地造成事業等のために土地等を譲渡した場合 ・・・ 1,500万円

(ホ) 平成21年及び平成22年に取得した土地等を譲渡した場合・・・1,000万円

(ヘ) 農地保有の合理化等のために農地等を譲渡した場合 ・・・ 800万円

(ト) 低未利用土地等を譲渡した場合 ・・・ 100万円

(注1) (ホ)、(ト)以外の特別控除額は、長期譲渡所得、短期譲渡所得のいずれからも一定の順序で控除することができます。(ホ)、(ト)の特別控除額は、長期譲渡所得に限り控除することができま 

    す。

(注2) 長期譲渡所得は、譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を超える土地建物を、また、短期譲渡所得は譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下の土地建物をそれぞれ譲渡したことによる所得を

    いいます。

(注3) 土地、建物の譲渡所得から差し引く特別控除額の最高限度額は、年間の譲渡所得全体を通じて5,000万円です。


【長期所得税と短期譲渡職税】

土地や建物の譲渡による所得は、他の所得、例えば給与所得などと合計せず、分離して計算する分離課税制度が採用されており、譲渡所得の税額は次のように計算します。

(1) 長期譲渡所得 課税長期譲渡所得金額×15%

(2) 短期譲渡所得 課税短期譲渡所得金額×30% (注) 平成25年から令和19年までは、復興特別所得税として各年分の基準所得税額の2.1パーセントを所得税と併せて申告・納付することになります。


不動産を売却した際に発生する譲渡所得には売却した不動産の所有期間によって、2つの区分があります。売却した不動産の所有期間が5年を超えていた場合は「長期譲渡所得」、5年以下の場合は「短期譲渡所得」となります。 譲渡所得を区分する際の不動産の所有期間は譲渡(売却)した年の1月1日の時点で、その不動産を何年所有していたかで決まります。そのため、譲渡が1月であっても12月であっても、その年の1月1日時点までの経過年数が所有期間となります。


たとえば、2018年(平成30年)8月15日に購入した不動産を2023年(令和5年)12月1日に売却した場合、8月15日で所有して満5年を超えていても、売却した年の2023年(令和5年)1月1日時点では5年を超えていないため、長期譲渡所得とはなりません。長期譲渡所得となるには、2024年(令和6年)1月1日以降に売却する必要があります。


                                   ④費用と税金を抑える対策

安心・安全・まごころをモットーに

自分でできる工夫

空き家の売却にかかる費用を抑えるために、自分でできることもあります。売却する際の節約術をご紹介しましょう。

TSマネジメント株式会

  • STEP.1
    from DB

    【リフォームせずに売却する】

    売却前に空き家のリフォームを行わない、という選択をすることで、リフォームにかかる費用を抑えられます。リフォームにかかる費用は、老朽化の度合いや工事内容によって異なりますが、家全体をリフォームするとなると、一戸建てでは500~2,000万円程度かかります。

  • STEP.2
    from DB

    【不用品は自分で処分する】

    家の中の不用品はできるだけ自分で処分することで、処分費用を節約できます。たとえば、布団、衣類、食品などは「家庭ごみ」として自分で処分しましょう。これらの処分を専門業者に依頼すると、家庭ごみではなく「産業廃棄物」としての処分になるため、処理費用がかかることになります。


【費用と税金を抑える対策】


空き家の売却にかかる費用や税金は、極力抑えたいものですよね。ここでは、売却前に知っておきたい補助金や控除、また自分でできる節約術をご紹介します。

TSマネジメント株式会社 
安心・安全・まごころをモットーに

【空き家解体の補助金】

from DB

個人が空き家を解体する際には、全国の地方自治体が設けている空き家の解体に対する補助金を利用できる場合があります。補助金を受け取るための条件や補助金の金額、計算方法は自治体ごとに異なるため自治体のサイトや窓口で確認するようにしましょう。

【相続した空き家の3,000万円特別控除】

from DB

親をはじめとした被相続人から取得した相続不動産を売る際に利用できる特別控除です。空き家をそのまま売却して売却益が出た場合に、一定の要件を満たせば、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」が適用されます。つまり、譲渡所得のうち3,000万円までは税金が控除されるのです。これは、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」を相続空き家にも活用したものです。

今すぐ無料査定であなたの不動産の価値をチェック

≪メールで査定書を受け取れる≫

安心・安全・まごころをモットーに

まずはお気軽にご相談ください。

                           その他法改正のご案内

相続登記の申請を義務化

(令和6年4月施行)

(1)制度の概要・申請期限

相続人は、不動産(土地・建物)を相続で取得したことを知った日から3年以内に、相続登記をすることが法律上の義務になりました。正当な理由がないのに相続登記をしない場合、10万円以下の過料が科される可能性があります。


遺産分割(相続人間の話合い)で不動産を取得した場合も、別途、遺産分割から3年以内に、遺産分割の内容に応じた登記をする必要があります。


(2)相続登記の申請期限その2(法改正前の相続)

令和6年4月1日より前に相続した不動産で(遺産分割の結果、若しくは、遺言署により相続)、相続登記がされていないものについては、令和9年3月31日までに相続登記をしていただく必要があります。

放置空き家「管理不全空き家」も固定資産税が最大6倍に上がります

2023年12月の法改正で、行政指導の対象となる「管理不全空き家」が新設されました。行政から管理が不適切と判断される空き家は「管理不全空き家」と指定される可能性があります。「管理不全空き家」に指定されると、自治体から指導を受けます。指導後も状況が改善されない場合は勧告が行われ、優遇税制の適用外となり、勧告を受けた翌年の1月1日の基準日から固定資産税が最大6倍に上がります。


生前贈与の対象期間変更による相続税の実質増税について

「死亡日以前3年間に贈与された財産は相続税の対象」。これが生前贈与の常識でした。しかし、2023年度税制改正で生前贈与の対象期間は「3年間」から「7年間」に変更され、2024年1月1日以降の贈与から適用が始まりました。 課税者の対象範囲が広がり、今後、日本ではさらに相続税が上昇していく可能性も十分に考えられます。お客さまそれぞれ最適な不動産相続対策は異なります。ポラスは専門的な知識から適切な不動産価値をお教えできます。お気軽にご相談ください。


美容室26

check!

          売却|相談

  • Point 01


    相続相談 登記相談も

    徹底サポート

    不動産のプロ「TSマネジメント株式会社の仲介」と相続のプロ「提携税理士」・登記の専門家「提携司法書士」による無料相談が可能です。


  • Point 02

    適切な不動産価値のプロの診断

    業界歴25年以上で宅建士・建築士・ホームインスペクションの資格と経験をもとに情報収集力を活かし地域のニーズを把握しています。

  • Point 03

    ご売却以外の選択肢の提案が可能

    TSマネジメント株式会社の総合力で売却以外にも、貸す、リフォームする、など新たな活用の幅広い提案が可能です。


美容室26

check!

          買取|相談

  • Point 01

    仲介手数料不要

    弊社が買主となりますので、仲介ではなく直接売買・買取となります。よって仲介手数料はかかりません。


  • Point 02

    買取は、 現状のままでOK


    現状のままで買取ますので残置物の処分や解体が不要です。そのままTSマネジメント株式会社が買取ります。


  • Point 03

    より高く早く 売却が可能


    TSマネジメント株式会社の直接買い取りで早く確実に現金化が可能。お住み替えの計画や引渡し時期もご希望に添えます。


                                      不動産売却の流れについて

     一般のお客様向けの売却

         TSマネジメント株式会社の直接購入

TSマネジメント株式

ご売却の流れ

安心・安全・まごころをモットーに

  • STEP.1
    no image

    売却のご相談


    ご売却に至る経緯や売却理由等を可能な限りお聴かせいただいておりますご売却後の翌年には譲渡所得税の申告や売却時に お支払いする仲介手数料等の詳細も詳しくご説明いたします。


  • STEP.2
    from DB

    調査・査定


    調査・査定は無料で行っています。特に中古戸建・中古マンションは査定前に内見させて頂くことで成約率・売却金額UPに 繋がるヒントを見つけ出す機会となります。

  • STEP.3
    from DB

    基本方針の決定


    お客様のご希望をじっくり伺った上で、査定価格を参考にして決定します。


  • STEP.4
    from DB

    媒介契約の締結


    売却価格を決定し、お客様と当社の間で媒介契約を締結します。


  • STEP.5
    from DB

    購入者の募集


    店頭での提示、指定流通機構登録、新聞折込・情報誌・物件検索サイト 掲載などの販売活動を通して、ご購入者を広く募ります。


  • STEP.6
    from DB

    ご案内・交渉


    ご購入希望者の見学や売買契約締結に向けた交渉など、売却活動を サポートします。


  • STEP.7
    from DB

    売買契約締結


    ご契約に関わる事項を決定。売主様・買主様双方の間で、 不動産売買契約を締結します。


  • STEP.8
    from DB

    決済前手続き


    登記の申請や諸費用の手続き、最終の現地立会いも行います。


  • STEP.9
    from DB

    お引渡し


    お引渡しが完了するまで、当社が適切にお手伝いいたします。


今すぐ無料査定であなたの不動産の価値をチェック

≪メールで査定書を受け取れる≫

安心・安全・まごころをモットーに

まずはお気軽にご相談ください。

TSマネジメント株式

|買取の流れ|

安心・安全・まごころをモットーに

  • STEP.1
    no image

    売却のご相談


    ご売却に至る経緯や売却理由等を可能な限りお聴かせいただいておりますご売却後の翌年には譲渡所得税の申告や売却時に お支払いする仲介手数料等の詳細も詳しくご説明いたします。


  • STEP.2
    from DB

    調査・査定


    調査・査定は無料で行っています。空き家の内見や役所調査・周辺環境調査の終了後に査定金額・諸条件の提示の上、弊社とお客様で協議いたします。

  • STEP.3
    from DB

    売買契約締結


    弊社とお客様の間で売買契約締結を行います。


  • STEP.4
    from DB

    残代金支払・お引渡し


    残代金のお支払いと同時にご所有不動産をお引渡しいただきます。


査定だけでもOK!

お気軽にご相談ください

当社では、査定だけのご依頼も大歓迎しております。お客様のご要望に合わせて、不動産の査定だけでもお手伝いさせていただきます。不動産の価値を知りたい方や、将来の不動産売却を考えている方には、査定から始めることをお勧めしています。査定は、物件の条件や状態、周辺環境などを考慮して行われるため、正確な査定結果をお伝えすることができます。査定のみのご依頼でも、お気軽にご相談ください。不動産の査定結果を参考に、今後のご計画を立てるお手伝いをさせていただきます。

非面談・非訪問 

ZOOMも対応可

まだ考え始めたばかりで。。。売却金額は知りたいけど。。。住まいを見てもらうまでは。。。気軽に話だけでもできないかな。。。


具体的になる前に予備知識として情報だけ知りたいけど、家にまで来られるとちょっと!という方はZOOMでも会話・説明対応可です。


お気軽にお問合せ下さい。

今すぐ無料査定であなたの不動産の価値をチェック

≪メールで査定書を受け取れる≫

安心・安全・まごころをモットーに

まずはお気軽にご相談ください。
from DB
from DB
from DB

TSマネジメント株式会社

安心・安全・まごころをモットーに

地域限定でTSマネジメント株式会社が選ばれる理由

不動産売却において重要なのは、信頼できる不動産仲介会社を選ぶこと。 TSマネジメント株式会社の仲介は、業界歴25年を超え、豊富な実績、経験、ノウハウを活かし、お客さまの立場に立った最良な売却活動を行っております。 さいたま市・越谷市・草加市・三郷市できめ細かいネットワークと、エリアを限定することで商圏エリアを熟知しており、地域の魅力や特徴を知り尽くし、より地域に密着した地元の不動産市場に精通しています。 その地域に住んでいるからこそ、お客様の立場に立って、幅広い選択肢から最良と思える提案とともに、ニーズに合わせた多様なサービスで、安心・安全な取引を心がけております。


顧客満足95%の

TSマネジメント株式会社

ご紹介からの契約が多く、 売却実績のうち95%がご紹介からのご成約です。ネットや広告でご購入希望者を探すだけではないので、短期間でのご売却にも繋がりやすいです。


まごころのサービス
TSマネジメント株式会社は地域の不動産ニーズに真摯に取り組む不動産売買会社です。お客様のご要望に合わせて、丁寧なサービス提供を心がけています。売却に関するお悩みやご相談にも親身に対応し、入念な現地調査から取引方法の提案まで、お客様の立場に立ってサポートいたします。売却に関するご要望やご相談をお気軽にご連絡ください。TSマネジメント株式会社は、お客様の不動産売却を安心してお任せいただけるパートナーとして、まごころを込めたサービスを提供しています。

不動産|ご売却の5つのお約束

1.【 プロフェッショナルなサポート】

・専門知識と経験: 私たちは相続物件・空き家・中古戸建・マンション・土地・空き地の売却に関する豊富な知識と経験を持っています。お客様のニーズに応

          じた最適なアドバイスとサポートを提供いたします。

・法的手続きのサポート: 相続に伴う法的な手続きや税務相談もお任せください。専門家と連携し、スムーズな売却をサポートいたします。


2. 【ストレスフリーなプロセス】

・手続きの簡素化: 複雑な手続きを一手に引き受け、お客様の負担を軽減します。書類作成から手続きの代行まで、全てお任せください。

・迅速な売却: 市場の動向を熟知し、最適な売却戦略を立案。迅速かつ効果的な売却を実現します。


3. 【高値売却の実現】

市場価値の適正評価: 専門の査定士が物件の適正価格を評価し、市場価格よりも高値で売却できるよう努めます。

広範なマーケティング: 多様な販売チャネルを活用し、広範な買い手にアプローチ。最良の条件での売却を目指します。


4. 【信頼と安心の提供】

透明性の確保: 売却プロセスの透明性を確保し、お客様に安心してご依頼いただけるよう努めます。

アフターサポート: 売却後のサポートも充実しています。新しい住居探しや引っ越しなど、次のステップへのサポートもお任せください。


5. 【柔軟な対応】

お客様のニーズに応じた対応: お客様一人ひとりのニーズに合わせたカスタマイズプランを提案し、満足度の高いサービスを提供します。

現地視察と詳細な説明: 現地視察を行い、物件の魅力を最大限に引き出すためのアドバイスを行います。


安心・安全・まごころをモットーに

人々のお悩みに寄り添う不動産のアドバイザーとして地域に根差したサービスをご提供

TSマネジメント株式会社

地域密着の不動産事業を立ち上げて、さいたま市や越谷市・草加市・三郷市・吉川市・松伏町での不動産売却をサポートしております。不動産のことなら何でもご相談を承っており、相続の登記手続きや空き家の活用方法、投資用マンションのご売却、直接の買取など、サービスをご利用されるご事情をきちんと把握し、お客様のベストな取引プランをご一緒に考えます。現地調査にはスタッフが駆けつけて、専門的な視点から見極めます。

正確な査定額をご提示できるように、入念に現地調査を行って、地域ごとの不動産市場や調査の結果から、お見積もりを算出しております。些細な情報も詳しく調査して、買主様に正しい情報をご説明できるよう、重要事項説明書を作成いたします。取引成立後に買主様とトラブルが発生することのないよう、双方にご納得いただけるきめ細やかでまごころを込めた対応を心がけております。

Company

売却に至ったご事情やお客様の背景を汲み取り、ご要望に合わせて柔軟な売却方法をご提案

TSマネジメント株式会社

住所

〒330-0852

埼玉県さいたま市

大宮区大成町2-451-1

白樺ハイツ203

Google MAPで確認
電話番号

048-871-8050

048-871-8050

FAX番号 048-871-8059
営業時間

9:00~19:00

定休日

火,水

代表者名 田中 聡
地域の不動産ニーズに対応して、お客様にとって最善のご選択ができるよう、まごころを込めたサービスをご提供しております。ご不安なく不動産を手放せるように、入念な現地調査から取引方法のご提案、お取引のサポートまで真摯に取り組みます。

Contact

お問い合わせ

Related

関連記事